• 小話,  生活

    連続テレビ小説エールと『童謡』と『唱歌』

    今日のNHK連続テレビ小説「エール」では、歌われていた童謡「かなりや」。

    https://www.instagram.com/nobarasha/

    「童謡」は現在では「こどものうた」という意味で使用されることが多いですが、

    もともとは、鈴木三重吉が創刊した児童雑誌『赤い鳥』を契機とした子どものための文学性の高い曲を指し、流行歌のような立ち位置でした。

    対して「唱歌」は、現在でいう「音楽」です。

    今では学校で「童謡」や「流行歌」を習うこともあり曖昧になってきましたが、もともとは学校の授業で習う曲という位置づけでした。

    野ばら社の『唱歌』は、学校で教えていた曲を主に掲載し、

    ▽収載曲一覧
    https://nobarasha.base.ec/items/24311088

    『童謡』はそれ以外のわらべうた〜赤い鳥〜こどものうたと呼ばれるもの全般を掲載しています。

    ▽収載曲一覧
    https://nobarasha.base.ec/items/24311139

    さて、下記に写っているのは社内の資料本です。

    奥付を見て驚いたのですが発行が『赤い鳥』創刊と同じ大正7年!

    資料本、本当に貴重です。

    —————————————————–

    #童謡 #唱歌 #こどものうた #鈴木三重吉 #赤い鳥 #流行歌 #エール #かなりや #西条八十 #成田為三 #賛美歌312 #いつくしみふかき #古関裕而 #古関金子 #福島 #NHK #NHK連続テレビ小説 #朝ドラエール #光石研 #石田星空 #清水香帆 #芥川龍之介 #泉鏡花 #高浜虚子 #森鴎外 #三木露風 #北原白秋 #島崎藤村 #有島武郎 #宇野千代 #菊池寛 #新美南吉